和ぶろぐ

就活、資格、勉強について書いています。数あるブログの中から読んでくれてありがとうございます。

【超簡単】ブログの書き方のコツは6つ!(重要なことは2つ)

 

こんにちは、和です。

 

ブログを今からはじめようとしているけどわからないとか、書いてるけどなかなかコツをつかめない方はいませんか?

 

この記事を読むことで、以下のことを知ることができます。

  • ブログの書き方のコツ
  • わかりやすい文章の書き方

 

今回の重要なことは、独自性とわかりやすさの2つです。

 

以上の点について、詳しくお話ししてきます。

また、割とバラバラに書くので、最後に記事の総括を行います。

 

 

ブログの書き方のコツ

ブログの書き方のコツについてお話ししていきます。

 

まず、重要なことなので、独自性とわかりやすさについてお話しします。

 

独自性とは、貴方の個性です。

たとえば、恋愛について知りたくて、本の内容をただただ写した文章と、本の内容+経験が書いてある文章はどちらが読みたいでしょうか。

 

もちろん、後者ですよね。

後々話しますが、

信頼性が生まれますし、

貴方のブログがいい!ということにつながりますよね。結果的に「このブログはなんだかいいなあ」と思った方が増えれば、読んでくれる人が増えますよね!

 

次に、わかりやすさについてですが、わかりやすいとはなんでしょうか。考えてみてください。

 

答えは、読者目線です。

 

読者目線で書くことで、相手のほしい情報を洩れなく書くことができますし、疑問にも答えることができますよね!

 

以上の点を踏まえて、具体的な書き方のコツについて、お話ししていきます。

 

1.文章の入りは短く書く

文章の入りは短く書きましょう!

というのも、文章の入りが長いと、読む気が失せるからです。

 

それはわかったけど、それだけなら、うまく書けばなんとかなる。と思うかもしれません。

しかし、ブログは読者が読むか読まないか決められます。

読みずらいなこのブログ...と思われてしまい、リピートもしてもらえなくなります。

 

そのため、本と違って、うわー読むのがめんどくさいと思われればそこで試合終了です。

 

私も、本は難しくても読みますが、ブログは割とめんどくさくなって、読まないことが多いです。

 

では、次に「文章の入りは短く書く」と関連のある内容について、お話しします。

 

2.短い文章を心掛ける

短い文章を心掛けましょう。

どういうことかというと、文章に要らない装飾語を付けるとわかりにくくなるからです。

 

たとえば、とても話の長い人はいませんか?その人の言葉を聞いていると、一言で説明すればいいものを、長く説明しています。

コツとしては、

最初はなかなかできないので、

見直すときに「文章の塊を一言で言えないかな?」と考えてみてくださいね(*^-^*)

 

私の経験でいうと、書いた後は完璧!と思いますが、案外日が経ってもう一度見てみると、冗長になっています。

 

3.主張に加えて根拠と事実を述べる

とても重要なことです。主張に加えて、根拠と事実を述べましょう!

理由は、以下の2点です。

  1. 信頼できる
  2. 話の概要がつかめる
  3. 独自性がある

 

まず、記事が信頼ができます。

例えば、「主張に加えて根拠と事実を述べる」だけだとどのような印象を受けますか?

 

いや、なんで?とか本当?と思いませんか?一方、「根拠があれば、ああ、なるほどね」となります。

 

次に、話の概要がつかめます。

というのも、主張から話すことで、何が言いたいか一発でわかるからです。

だいたい、何が言いたいかわからない文章は、主張がわかりにくいです。

 

私も、話が長いとよく主張に言われていました。そこで、主張から話すようにしたら、会話がスムーズにいくようになりました。

しかし、主張と根拠だけじゃ、独自性が出ないですよね?

独自性が出ないことで、他の人の文章を読んでも変わらないことになり、あまり読む必要が出てきません。

 

そこで、事実に基づいた経験を述べましょう。

 

そうすることで、貴方だけの味が出ますし、話の信頼性もよりアップしますよね(*^-^*)

 

このように、主張と根拠と事実はセットで書くと、信頼性や独自性が生まれます!

 

4.相手のしそうな質問を考えて書く

相手のしそうな質問を考えて書きましょう!

というのも、わかりやすい文章にするためです。

 

読者とは直接会って話すことができないので、書き手が書きたいことだけを書いていたら、読者が知りたい事も知りずらくなってしまいますよね。

 

じゃあ、どうしたらいいの?と思うかもしれません。

答えは非常にシンプルで、数をこなしてください。それだけです。

 

たとえば、「相手のしそうな質問を考えて書いてね」と私は、主張したのですが、そうしたら、じゃあどうやったらできるようになるの?と言う質問が出ると思います。

だから「数をこなしてください」と述べました!

 

私もそうですが、結果をすぐ求めがちです。しかし、まずは練習して、振り返りをして、生かしていくのが、近道です!

 

5.描写を細かく書く

描写を細かく書きましょう!

理由は、文章でしか考えを発信できないからです。

日常生活では、表情や声のトーンなどで伝えられますが、ブログはそうもいきません。

 

ではどうしたらいいか。

結論から言うと、KSKK文章作成法を使いましょう!

なんじゃそりゃ!と思うかもしれません。

 

「心理マーケティング100の法則」より、以下の文を引用します。

 

K=感情 S=思考 K=行動 K=会話

この「感情」「思考」「行動」「会話」の要素を文章に取り入れると臨場感や現実味のある文章が書けるようになります。

 

 引用元:心理マーケティング100の法則,酒井とし夫,p.80

 

国語でできた評論文と、物語文を思い出してみてください。

評論文だと淡々と描いてあって、なんだか想像しにくいな...となりませんか?一方、物語文だと、イメージできませんか?

それはなぜか。「感情」「思考」「行動」「会話」が用いられているからです!

 

文章を淡々と描くのではなく、「」などで会話で、感情が伝わりやすく書けばいいのではないでしょうか!

 

6.ブログは清書

最後になりますが、ブログは清書だと思ってください!

理由は、文章がぶれないようにするためです。

 

どういうことかというと、事前に思ったことを書きなぐって、文章の流れを考えるとよいということです。

 

書きながらだと、なかなか思い浮かばないですよね(笑)

だから、私はwordで思ったことを書いて、軽く流れを考えておきます。

また、パソコンがないとき、ネタになりそうなことは、スマホにメモしておきます。

もちろん、ノートでもなんでもかまいません。

 

要は、書く前に考えをまとめておきましょうと言うことです(*^-^*)

 

以上が6つのブログの書き方のコツでした。

 

では、読者目線で書くコツについてお話しします。

 

読者目線で書くコツ

読者目線で書くコツは以下の2つです。

  1. 読者に関係があると思わせる
  2. 昔の自分に向けて書く

 

まず1についてですが、1つ質問をします。

私が昨日、食べた夕食についてのブログを読みたいですか?

まったく読みたくないですよね(笑)

 

何言ってるんだ、この人は...と思うかもしれません。

しかし全く読みたくないということは、貴方は関係がないと判断したからです。

 

上の例からもわかる通り、人は自分に関係のないことに労力は使おうとしません。

 

ここで、どうしたらいいんだろうと思うかもしれませんが、ターゲットを絞ることです。

 

このブログは、初心者で文章の書き方がわからない人向けに書いています!

しかし、中級者向けや上級者向けに書いてあったらどうでしょうか?関係ないな...と思って、読むのをやめてしまいませんか?

 

ということでまとめると、「関係がないと思わせないようにターゲットをしぼりましょう」ということです。

 

では、つぎに2についてですが、昔の自分に向けて書きましょう!

 

理由は、単純で悩みや苦悩がわかるからこそ、読者目線に立ってかけるからです。

 

わかりやすい文章とは、読者目線で書かれた記事です。

そこで、いかにも考えを押し付けられるような独りよがりの文章はどうでしょうか?

嫌ですよね。私も読んでいて嫌な気持ちになります。

 

たとえばですが

コツ?そんなのとりあえずかけ!の15文字の記事なんて読みたくないですよね(笑)

私も読みたくないです。

 

じゃあ、昔の自分に向けて書くのはわかった。だけど、よくわからない...と言う方向けに、以下の2つの方法があります。

  1. ネット検索
  2. 本を読む

 

まず、ネット検索でいろいろ調べましょう!

ただ、1つ問題があって、自分が知っていることだけしか調べられないことです。

 

いや、別にいいじゃんと思うかもしれませんが、概要しか書いてない場合が多く、他に知るべきことがたくさんあります。

また、ネット検索で調べたことって、なかなか頭に残りづらいです。

 

そこで、本を読むことをおすすめします。

本を読むことで、体系的に知識を知ることができ、文章を読者目線で書くための道具がたくさん増えます!詳しくは【厳選】ブログを書くときに読むべき本4選(初心者向け) で紹介しているので、ぜひ読んでみてください。

 

 

 

また、本を読んでいても頭に入らない方は、【読書】頭に入らない内容が入ってくるただ一つの方法が必読です!

 

まとめ

〇わかりやすさ

  • 文章の入りは短く
  • 短い文章を心掛ける
  • 相手の質問を考えて書く
  • ブログは清書

 

〇独自性

  •  主張に加えて事実と根拠を述べる
  • 描写を細かく書く

 

以上が初心者向けのブログの書き方でした。

 

だいたい私が気を付けていることですが、他にも気を付けるべきことが発見できるかもしれません。

そのときは、本を読ん、「へえ!こんなものもあるのか!」とわくわくしながら読んでみてくださいね(*^-^*)

私は割とわくわくしながら読んでいました(笑)

 

最後になりますが、この記事を読んでくださりありがとうございました。